人妻とのテレフォンセックスを思う存分楽しむコツ

日常生活の中で刺激を求める人って多いですが、実際に日常生活で刺激を得る事ができている人は少ないと思います。

特に毎日毎日ルーティンワークをこなすだけの人妻は、よりそう思う事でしょう。家事や育児は、出勤しておこなう一般的な仕事とは違い報酬は出ません。
しかし、拘束時間や労働力を考えると一般的な仕事と同じくらいの労働力を必要とします。

そこで今、巷で密かなブームとなっているのがテレフォンセックス。
当サイトは、そんな日々を悶々と過ごす人妻と性欲旺盛な男性を繋げるために立ち上げられたものです。

テレフォンセックス…あまり耳馴染みのないワードに戸惑いを隠せない人もいるでしょう。

  • テレフォンセックスって何?
  • 何をするの?
  • 怪しくないの?
  • リスクはないの?

色んな質問が頭の中に浮かんだ事でしょう。

今から刺激的な日常を送りたいという男性のためにテレフォンセックスの全容を紹介したいと思います。

管理人おすすめランキング
1500円分無料
エンジェルライブのバナー

56,000人以上の女の子が登録しているエンジェルライブ。
ジャンル検索がかなり充実していて好みの女の子と好みのプレイが今スグ可能!

15分間無料体験
ジュエルのバナー

ジュエルには数万人の女の子が登録中!
毎日大勢の素人女の子が新規登録…あなたの好みに合ったお気に入りの女の子を発掘してみてください。

最大20分間無料チャット
マダムライブのバナー

人妻熟女専門ライブチャット「マダムライブ」
20代後半~50代を中心の人妻と映像付きで楽しめる!人妻のエロ声オナ姿であなたの脳内はトロトロに…

テレフォンセックスとは?

まずテレホンセックスとは、その「telephone + sex」という言葉が表すように、電話を使い、知らない相手(当サイトでは人妻とします。)とエッチなコミュニケーションを取り、言葉攻めや淫らな音を聞かせ合う事によってお互いの興奮度を高め、自分の性器を刺激して絶頂を楽しむものとなっています。

テレフォンセックスを楽しむために用意しなくてはいけないのは、繋がるために必要な電話です。

スマホの急速な発達に伴い、今では無料通話アプリを利用することによって無料で通話ができる時代ですから、通話のための費用などは掛からない場合も多いですが、サイトなどを利用してテレフォンセックスを楽しむ人妻を紹介してもらう場合には、サイトへの登録料、紹介料などが必要となってくることもあります。

また、無料登録が可能というサイトもありますので、お金を掛けたくない人にとっても気軽に楽しめる遊びとなっています。

ここ迄の基礎はお分かり頂けたかと思いますが、ではどのような場所でパートナーを探せばいいのか?という問題になってきますね。

テレフォンセックスができるサービス

基本的にはテレクラ(テレフォンクラブ)やツーショットダイヤル(ダイヤルQ2)、ライブチャットといったサービスを通してテレフォンセックスは行われています。

テレクラ(テレフォンクラブ)

テレクラというと店舗に行かないといけないとイメージしている方も多いでしょうが、最近のテレクラはネットで利用することが出来るんです。

無店舗型サービスと呼ばれていますが、従来のテレクラ + ツーショットダイヤル(ダイヤルQ2)の良さを合わせたようなハイブリッドサービスとなっていて、無店舗型の登場とともにテレクラ復活の狼煙が上がったのは言うまでもありません。

ライブチャットサービス

ライブチャットは登録しているチャットレディの中から好みの女性を探して会話を楽しむサービスです。ノンアダルトとアダルトの2種類があり、テレフォンセックスをするにはアダルトライブチャットに登録する必要があります。
視覚と聴覚をダブルで刺激されるので、ホンマモンのセックスをしているかの様な感覚を味わえます。

また、電マ・バイブ・ローターといった女性用のオナニーグッズも完備されていて、女性のオナニーを鑑賞することも可能。中には、男性側からボタン1つ押すだけで、女性側のオナニーマシーンを操作できる機能がついたサービスもあります。

ただ、「テレフォンセックスは聴覚だけで妄想しながら楽しむものだ!」と考えている男性にはめっぽう向かないサービスとなります。

どちらのサービスを選んだとしても、満足いくテレホンセックスを楽しめることは間違いありません。また、初回登録時は\1,000~\5,000程度の無料ポイントがプレゼントされるので、複数のサービスの登録してお試しテレフォンセックスしてみるのが、より楽しむ為の秘訣と言えます。

人妻の魅力

一般男性からみて、女性は若い程良いという風潮があります。肌の質感、ハリなどを考えたら当然と思う男性もいるでしょう。

しかし、人妻には若年の女性には無い色気が沢山存在しています。
人妻だったとしても、若い女性がいることも確かです。しかし「人妻」という響きだけでエロさや母性を感じてしまい、性的な対象として見てしまう男性も大勢いるのです。

また、欲求不満を抱えている場合が多いので、魅力的でいやらしくテレフォンセックスを行なってくれるという事で、人妻はとても人気なのです。
近頃のテレホンセックスにおいては、若年の女性ではなく、特に人妻をターゲットにしている男の人も沢山います。現にサービスのウリ文句が「人妻しかいない」というトコロもあるのです。

ホントにこのサイトのサブタイトルにも使っていますが、人妻は超絶にエロく間違いなく抜ける存在と言えます。

人妻とのテレフォンセックスを狙う時間

家庭を持つ主婦。
彼女たちと心行くまでテレホンセックスを楽しみたいのであれば、時間帯を考えるようにしましょう

人妻とするには当然、旦那や子供が出掛けている時間に狙いを定めましょう。
そこで考えられるのが、平日のお昼前から夕方にかけてはノーマークと言えそうです。
また、その性質上、家族が家にいる平日の夜間や休みの日にテレフォンセックスするのは難しそうです。

気分を高めるコツ

テレフォンセックスを気持ち良く行うポイントは、なんと言っても双方の感情を高めて行う事です。
ここでは、より一層興奮するためのポイントをお話したいと思います。

受話器だけを使うという方法は、言葉だけのやり取りになります。
こういった場合に陥りやすいこととして、双方が興奮していればいいのですが、僅かでも片一方の感情に溝があったりすると、盛り上がらない結果になってしまいます。
それを打破するには、主導権を握る方(いわばS側)の行為進行、気持ちの上げ下げの方法を大切にする事です

多少分かり難い言い方をしてしまいましたが、シンプルに言うと、言葉や気分に抑揚をつけるという事です。
キツイ言葉を投げかけたと思えば優しく猫撫で調で話したり、命令口調で話したのに数分経てば甘えてくる。ハッキリとした声でテレフォンセックスしていたのに、時折吐息のようなウィスパーボイスでしっとり感を。俗に言うアメとムチの感覚に似ているかもしれません。

自分の脳内イメージエッチであるテレフォンセックスであっても、強弱がつくことによって、その状況は深くなり、感情のこもった濃密なセックスとなっていくのです。

また他には、双方の下の名前を呼んであげるというのも、互いの感情を刺激する有効な方法でしょう。
単に厭らしい声を出したり、吐息くらいなら、予め録っておいたエッチな音声やイヤらしい声のテープと変化がありません。

それはただの自慰行為になってしまいます。

双方の下の名前を発する事で、一層刺激が高まります。
この人は自分を想像して気持ち良くなってくれていると感じ合う事も、より気分が高揚する大切な点となってきます。
会話で結びつくというメリットを活用すれば、元来あるエッチよりも満足のいくテレフォンセックスとなるのです。

最新情報

2014年2月23日
  • 基礎知識
テレクラの『基本』から知りたい人へ
テレクラを普段何気なく利用しているあなた、ここを見に来たということは、テレクラがどういったシステムかを知りたいから来たわけですね? 勿論、大歓迎です!あ、それと初心者の方も勿論、熱烈歓迎なので是非見ていってください。 相・・・
2014年2月22日
  • 基礎知識
テレクラでのサクラ対処法
出会い系サイトだけでなく、残念ながら、テレホンクラブにもサクラは存在します。ではテレクラでのサクラ対処法としては、どんなことに注意をしたら良いのでしょうか? テレフォンセックスのサクラ テレクラでの目的がテレフォンセック・・・
2014年2月21日
  • 基礎知識
テレフォンクラブを利用するべき4つの魅力
テレフォンクラブの魅力についてご紹介します。 まず、よく比較されるのが出会い系サイトですが、その比較を中心に、どんな魅力があるのかをお話することで、なぜ私がテレクラ・ツーショットをお勧めするのかがお分かりいただけると思い・・・
2014年2月20日
  • 基礎知識
ネット版テレクラのメリットとデメリット
ネット版のテレクラのメリットとデメリットをご紹介します。 メリット ネット版テレクラのメリットとは、なんでしょうか? 元々のテレクラとは店舗があって、男性が料金を払い、女性の電話コールを待っている所です。 そして、女性か・・・
2014年2月18日
  • 基礎知識
テレクラで不倫するならテレフォンセックスから
浮気や不倫をしたいけれども、バレるのが怖くて実行できない。そういう男性は、世の中にかなりの数がいることと思います。 テレクラは、そんな悩みを解消してくれる便利なシステムなのです。 以下にその理由を紹介したいと思います。 ・・・
サブコンテンツ

先頭へ